0120-894-990
受付時間 9:00~17:30(土日祝除く)

SDGsへの取り組み

What is SDGs ?

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001 年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015 年 9 月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」にて記載された 2016 年から 2030 年までの国際目標です。

弊社の具体的な取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)
達成に向けての取り組み

従来型の生産・消費主義の経済モデルから、持続可能なモデルへと転換し始めています。さらに、意識的に地球や暮らしの環境を再生しながら社会を構築する再生型・循環型経済への変換が求められています。

不透明なポストコロナの中で、社会がより持続可能に生まれ変わるため、旭広告社としては、従業員の意識改革から、始めてまいります。ちいさな気づきから大きな潮流へ。生活から見直し、できることを一人ひとり取り組んで参ります。

働きがいのある職場づくりを推進し、社員の健康な毎日を支援します。健康経営の推進体制の整備、従業員の健康課題の把握及び健康課題に即した取り組みを行います。
横浜市では、従業員等の健康保持・増進の取組が、将来的に企業の収益性等を高める投資であると捉え、従業員等の健康づくりを経営的な視点から考え、戦略的に実践する「健康経営」の概念を幅広く普及させるため、健康経営に取り組む事業所を、横浜健康経営認証事業所として認証します。
地元の歴史・文化・自然と共生しながら、個性豊かなまちづくりを目指し、働く人、生活する人、訪れる人、その地域を代表する歴史・文化を継承し、地域の発展や地区のブランド確立を目的として地元各団体とイベント・清掃活動などを通して交流の輪を広げています。
弊社の具体的な取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)
達成に向けての取り組み

従来型の生産・消費主義の経済モデルから、持続可能なモデルへと転換し始めています。さらに、意識的に地球や暮らしの環境を再生しながら社会を構築する再生型・循環型経済への変換が求められています。

不透明なポストコロナの中で、社会がより持続可能に生まれ変わるため、旭広告社としては、従業員の意識改革から、始めてまいります。ちいさな気づきから大きな潮流へ。生活から見直し、できることを一人ひとり取り組んで参ります。

広告をはじめ事業活動に関わるすべてのコミュニケーション活動を、人権の観点からも豊かなものにしたいと考えています。そのため、社員一人ひとりが人権について正しい知識を身につけて理解を深め、その知見を業務に生かしていくことを目指します。また社員の能力発揮のためにも、ハラスメントの防止を徹底し、社員の人権を守ることも、重要なテーマであると考えています。
よこはまグッドバランス賞とは 横浜市では、女性の活躍やワーク・ライフ・バランスを推進するため、男女がともに働きやすい職場環境づくりを積極的に進める市内中小企業等を「よこはまグッドバランス賞」として認定しています。働きやすい職場づくりは、人材の確保・定着、従業員の意欲の向上、生産性の向上等につながります。
経済活動・社会活動の基盤に環境があると考えます。個人での意識改革、一人ひとりの啓蒙活動の一環として、各数値を出し見える化しています。営業車の台数を削減。クラウド型ドライヴレコーダーを設置、急発進・急ブレーキ・速度超過などについても確認可能。電気エコメータを配したスマートクロックを配置。日々の電気使用量が可視化。コピー集約化推奨、毎月の使用枚数の提示、社員が身近に変化がわかるようにして意識改革を啓蒙しています。
SDGs Partner & Y-SDGs Standard

旭広告社はSDGsの
2つの認証を受けています

・神奈川県SDGsパートナー
・Y-SDGs Standard

SDGs Partner & Y-SDGs Standard

旭広告社はSDGsの2つの認証を受けています

・神奈川県SDGsパートナー
・Y-SDGs Standard

Our Goal

未来に向けてのメッセージ

当社では、2030年の世界を変え、その先の未来に引き継いでいくためにも、SDGsを特別なものとしてではなく、「一人ひとりのこと」捉え、日々の活動、社会生活の中に浸透させていくことが大切と信じ邁進しています。